何が違う?ブラインドとスクリーン

ブラインドは縦長や横長の羽で光を調節する

窓際にとりつけて状況に合わせて開閉する装飾はカーテンが代表的ですが、そのほかに「ブラインド」や「スクリーン」もあります。ブラインドは縦長あるいは横長に細い板(羽)が何枚も付いており、それを動かすことで光を入れたりさえぎったりします。動かすのは機械や紐でできて、その幅も微調整が可能なので、光の加減を調節することができます。また、羽の隙間から光を入れる仕組みなので、羽を開いても外から中が見えづらいのもメリットだといえます。
カーテンと違って全体に少しずつ隙間を作れるので、風通しの調節もすることができます。
デメリットは、完全に開いても外が見えづらいこと、一本一本の羽に埃が積もるので手入れに手間がかかることです。

縦に動いて遮光をするのがスクリーン

スクリーンは、上部で巻物のように巻かれている布を、機械で出したりしまったりすることで機能します。上部に巻き上げてしまうことができるので、カーテンよりも窓際がすっきりします。シンプルで洗練された部屋にしたい場合に向いています。
スクリーンは自由な位置で止めることができるので、どれだけ開けるかを自分で調節できます。上半分を閉じれば、足元しか見えないのでカーテンを半分開ける場合よりもプライバシーを守ることができます。
また、全面にイラストや写真の入ったスクリーンを利用することで部屋をダイナミックに演出できます。
デメリットは巻取りがうまくいかず、直さないといけないことが起きやすい点、風で動いて音がする点です。

ローマンシェードの通販では、デザイン性や品質に優れた商品を多数扱っており、パソコンやスマホを通していつでも気軽に利用できます。

© Copyright Sun Rolling Screen. All Rights Reserved.